お会計

海外旅行保険

クレジットカードが本領を発揮するのは、海外です。
海外では商品やサービスの代金の支払いのほとんどが、クレジットカードで行われます。
このため海外旅行に出かけるのをきっかけにクレジットカードを持つ人もいたりします
海外旅行に出かけるさい、よく空港で海外旅行保険に加入することがあります。
これは海外で万が一のことがあったときに備えるもので、
安価なうえに手続きも簡単にすませることができ、多くの人に利用されています。

これらの保険をクレジットカードに付帯させたものが、
海外旅行保険付きのクレジットカードです。
クレジットカードに付帯されている海外旅行保険には、
自動理療を付帯と利用付帯があります。
自動付帯はそのクレジットカードを持っているだけで、
海外旅行保険が自動的に付くというものです。

ただし海外旅行に出発した日から3ヶ月間しか、この海外旅行保険は適用となりません。
利用付帯は海外旅行にかかる費用をそのカードを利用して支払ったり、
日本を出国する前に海外旅行に出かけるために公共の交通機関を利用し
、支払いをそのカードを用いて行ったり、
あるいは海外へ渡ってからその国の公共の交通機関をそのカードを利用して支払いを行ったりした場合に付くものです。
この場合も料金の支払いのためクレジットカードを利用した日から3ヶ月の間、保険が適用されます。

保険内容も、クレジットカードによって異なった内容になっています。
一般的にクレジットカードについている海外旅行保険では、次のようなケースに保障を受けることができます。

1.ケガをして受けた場合や障害が残った場合、あるいは死亡した場合
2.賠償責任が発生した場合
3.盗難などにあった場合
4.家族などに来てもらう必要が生じた場合や、ヘリコプターなど特別な移送手段が必要になった場合

病気による治療を受けた場合や死亡した場合は対象外になっていることが多いので、注意が必要です。
保障対象となる人も本人に限定されていることが多いので、利用にあたっては規約などで確認することが求められます。
クレジットカードの主な種類がこちらにかいてありますのでご覧ください。