お会計

会社で選ぶカード

クレジットカードとは、商品を購入したりサービスの提供を受けたりしたときに、
その代金の支払いを後回しにできるものです。
これはその商品やサービスの提供先がクレジットカード会社と提携し、
決済をクレジットカード会社と行うことで成立します。

クレジットカード会社はクレジットカードを発行するさいに、
申込者の返済能力や銀行口座番号を確認しているので、そこから支払いを受けることになります。
こちらに色々な種類のクレジットカードの特徴をまとめたサイトがありますので比較に使ってください。http://goodcr.com/

現在では多くの人がクレジットカードを持つようになってきており、
さまざまな会社がクレジットカードを発行しています。

クレジットカードの分類方法にはいくつかありますが、
そのうちの1つが発行会社によって分類する方法です。
発行会社によってクレジットカードは金融機関が発行している銀行系カード、
信販会社が発行している信販系カード、
デパートやスーパーといった小売・流通会社が発行している流通系カード、
鉄道会社やバス会社といった公共交通機関が発行している交通系カードなどに分類されます。

信販会社が発行している信販系カードは、もっとも利用額が多いカードです。
信販会社は割賦販売を始めた会社であり、
クレジットカードによる支払方法の1つである分割払いと似通って性質を持っていたことがその理由と考えられています。

銀行系カードは、信販会社についで利用金額が多いクレジットカードです。
最近は金融機関が発行しているものだけではなく、
多くの関連会社が加わったクレジットカード会社を立ち上げ、
そこが発行しているクレジットカードも銀行系カードと呼ばれる場合もあります。
三井住友フィナンシャルグループの三井住友カード株式会社が発行している三井住友VISAカードが
その代表ともいえるクレジットカードです。
銀行系カードは銀行のサービスと連動したサービスを受けることができます。

流通系カードは、顧客獲得を目的に発行されているカードです。
発行元であるデパートやスーパー、ショッピングモール、
ファッションビルなどで商品を購入したりサービスの提供を受けたりすると、
より多くのポイントがたまるなどのサービスが付加されています。

もしお金に余裕ができたのならFXに投資してみてはいかがでしょうか。
資産を増やすチャンスですよ。
こちらhttp://xn--fx-fk1eu00k.ws/index.htmlでFXについて詳しく説明しているので興味がある方はご覧になってみてください。