お会計

国際ブランドで選ぶカード

多くのクレジット会社が発行しており、その種類も多いクレジットカードですが、
世界中どこに行っても通用するクレジットカードブランドはわずか5つしかありません。
この世界共通で使用することができるクレジットカードのブランドを国際ブランドといいます。

VISAはアメリカの銀行であるバンクオブアメリカが発行したカードを前身としています。
VISAインターナショナルという機関がその決済を管理しており、
VISAは自らクレジットカードを発行していません。
厳しい審査を通過したクレジットカード発行会社がライセンスを取得して、
VISAという国際ブランドのクレジットカードを発行しています。
世界的に多くの加盟店を持ち、日本でも高いブランド力を持っているカードです。

Master Card(マスターカード)もVISAと同じように
Master Cardインターナショナルという機関が決済の管理を行っている決済機構です。
加盟店の数もVISAに引けをとらないほど多いものとなっています。
VISAが主としてアメリカに強いのに対し
Master Cardは欧州方面に強いという特徴を持っています。

JCBは正式名称をJapan Credit Bureau(ジャパンクレジットビューロー)といい、
日本の会社です。
そのため日本でもっとも多くの加盟店を持っており、
国内のクレジットカードが使用可能なところであれば、
ほとんどの場合はJCBも使用することができます。
またハワイやグァム、サイパン、
あるいは韓国といった日本人が多く訪れるような外国でも、
多くの店がJCBの加盟店となっています。

AMERICAN EXPRESS(アメリカン エキスプレス)は、
アメックスの通称で知られているカードです。
最初にゴールドカードを発行したクレジットカード会社であり、
一般カードでも富裕者層をターゲットにしています。

Diners Card(ダイナースカード)もAMERICAN EXPRESS同様に
富裕者層をターゲットにしているクレジットカードです。
ダイナースという言葉は食事をする人、という意味であり、
レストランを中心に加盟店を増やしたという歴史をもっています。
クレジットカードはどのくらいお金を使ったのか一目で分からないので使用の際は注意しましょう。